刀買取

刀買取について刀買取

日本刀の歴史は非常に深く、現在のような形が定着したのはおよそ1000年前の平安時代だと言われています。

その後、平家が滅亡し、平安時代から武家社会の鎌倉時代に移る中で、日本刀の形状は大きく変わります。

反りが大きく、太刀と呼ばれるようになり、刀匠として有名な正宗はこの鎌倉時代に活躍していたと言われています。

室町時代に入ると、ヨーロッパからの鉄砲の由来により、日本刀の形はさらに変わっていきました。

鉄砲を防ぐために甲冑がより厚くなったため、それまでは片手で刀を振るっていたのが両手持ちとなり、それに合わせて大きく厚い刀身の日本刀が現れます。

その後、江戸時代には戦乱も収まったため、日本刀は武器として使われることはほとんどありませんでした。日本刀はその芸術的価値を重視されるようになり、美しい刃文を持つ日本刀が多く誕生し、今日でも有名な作品の多くは江戸時代に作られています。

その後、激動の幕末を迎え、明治時代に入ると政府による廃刀令が出されると、日本刀の多くは海外へと流出してしまいました。

今日でも日本刀は日本を代表する芸術品として、買取市場でも頻繁に取引がなされています。特に近年は海外の日本刀ファンが増えてきており、骨董買取市場での需要が高まってきていますので、有名な刀匠の作品などは高価買取が期待できます。